性交強迫という一種の強迫神経症的症状が原因かもしれない

セックスしたくてもできない、不能症の患者が社会問題化している

歌の文句ではないが、「押しても駄目なら、引いてみな」ということもある。森田療法的(と言っていいかどうかわからないが)不能対策も考えてみるべきではなかろうか。今度こそは赤面すまいと焦っている赤面症の患者に「赤面したっていいじゃないか」と思わせるのはなかなかむずかしいように、不能症の患者に「立たなくてもいいじゃないか」と思わせるのも確かにむずかしいであろう。しかし、森田療法で実際に赤面症が治っているのだから、むずかしいとは言っても不可能ではない。

現代において、実際に不能が増えているかどうかは知らないが、これほどまでに不能が問題になっているのは、人類の性能力が現実に衰えたからというより(全世界的に精液中の精子の数がひどく減少しているそうで、それを根拠に男の性能力は現実に衰えていると主張する向きもあるが、わたしは性欲の強さは生産された精子の数とは関係ないと思う)、むしろ、資本主義の登場以来ますます悪化の一途を辿ってきている(このあいだの性革命によっていくらか軽くなったようであるが、まだ治るにはほど遠い)人類の病気、すなわち性交強迫という一種の強迫神経症的症状のためではないかと思う。

性交強迫があるから、つねにもっともっと性交しなければならないと駆り立てられ、それに性能力が追いつけないということなのではないか。して、性関係における男の優位を認めるとか、女が性的魅力を振りまいて男に媚びるとかの性差別が必要になったわけだから、そういうことをしなくても、この薬を飲ませるだけでペニスを勃起させることができるのであれば、論理的に言って、差別的性文化はいっさい不必要になる。
一般の仕事に比べて新宿東口の風俗業界はかなりの高額報酬が約束されます。中でも一番高いのはソープで肉体的にはハードですが、一日出勤すれば10万円前後もらえることも少なくありません。
大宮駅西口にあるソープランドで働いている女の子は基本的にプロの仕事としてやっているので、お客さんを気持ちよくさせてあげようといったホスピタリティー精神に溢れている方がとても多いです。


最新情報
2014/12/28 おすすめ記事を更新しました。
2014/12/24 新着記事を更新しました。
2014/12/23 致命的な障害を更新しました。
2014/12/20 平等な理想社会を更新しました。
2014/12/18 性差別が成立を更新しました。
2014/12/16 もてるための秘訣を更新しました。
2014/12/15 セックスしたくてもできない、不能症の患者が社会問題化しているを更新しました。
2014/12/12 ホームページをリニューアルしました。

ピックアップ
コンプリートラウンジビッグデザイア風俗ターミナル
簡単に風俗情報を検索できるポータルサイトです。各エリアから届いたホットな情報をダイジェストで配信!日本全国のお得な格安チケットをびゅびゅんと簡単に探せます!